MENU

牛乳は便秘に悪い?牛乳の飲み過ぎは便秘になるって本当?

牛乳やヨーグルトをはじめとする乳製品、基本的には便秘改善に良いとされていますね。
しかし、ネットを調べていると、
「牛乳は便秘改善に効果がある」
と言う意見と
「牛乳で便秘になった」
という意見と真っ二つに分かれています。
いったいなぜこのような事が起こっているのでしょうか?

牛乳で便秘になる人もいれば、便秘が改善される人もいる

結論からすれば、牛乳を飲むことによって、便秘が悪化したり便秘になってしまう人もいれば、
便秘が改善される人もいる、というのが答えになります。これは体質によるもので、
便秘の人がやみくもに牛乳を飲むのが返って便秘を悪化させる原因になることもあるということです。
良くあるのが、「朝起きがけに1杯の牛乳を飲む」というものですが、これも自分の体質によるということです。

牛乳を飲んで便秘になってしまう人

便秘の中でも「けいれん性便秘」と呼ばれる人、また過敏性腸症候群に該当する人は、
逆に便秘の症状を悪化させることがあります。
冷たい牛乳を飲むことによる刺激が、腸の蠕動運動を促して便秘を解消するというメカニズムがあるのですが、
これが、けいれん性便秘の人の場合は悪影響を及ぼすことになります。
また、牛乳にはカゼインというたんぱく質と、ベータラクトグロブリンと呼ばれる特殊な乳糖が含まれています。
これらは体質によっては、腸内でアレルギー反応を示す場合があり、それに該当する方は便秘になりやすい傾向にあります。
また、牛乳は乳製品なので、摂取することによって乳酸菌も体内に取り込めるから便秘に良いのでは?と考える方もいるかもしれませんが、
スーパーで売っている多くの牛乳は加熱殺菌処理がされている為、当然乳酸菌も死滅してしまっています。
ですので、牛乳を飲んでいるのにお腹の調子がいっこうに改善されないというのは、実は腸内の善玉菌が増えることには、まったく役になっていないという事実があります。

牛乳を飲んで便秘が改善される人

一方で牛乳を飲むことが便秘解消につながる人もいます。
しかし、ここで注意が必要なのは、牛乳を飲んで下痢になる人です。
下痢は一見すると便通が改善されてすっきりしているような誤解を招きますが、
実は乳糖不耐症といって、先の牛乳に含まれる乳糖を分解する酵素の働きが弱いために、
下痢になってしまうという人がいます。こうした水下痢、実は腸内にはまだまだたくさんの便が排出されず残ってしまうため、
悪玉菌が増加して便秘が悪化することに繋がってしまいます。
牛乳が便秘を改善するというロジックのひとつには、腸内を刺激して蠕動運動を活発化すること、
もうひとつが乳糖であるラクトースが消化されにくい成分である為、善玉菌を増やすこと、悪玉菌の発生を抑制すること、
腸内の浸透圧を高めて便を柔らかくしてくれるということです。
つまり、あくまで牛乳で便通が改善できる人は、そこまでひどい便秘ではないということも言えます。
牛乳は間接的には善玉菌を増やす役割はあっても、善玉菌を直接的に体内に取り込むものではないということです。
ですから、腸内環境が酷過ぎて悪玉菌の勢力が絶対的に強い状況である場合には、直接乳酸菌を摂取するサプリを飲むか、
ヨーグルトを食べていた方が良いかもしれません。