MENU

乳酸菌サプリを飲んでいるとおならが臭くなるって本当?

こないだ知恵袋を見ていたら、「わたしはおならがすごく臭いんです」という方がいて、読み進めているとどうやらご本人はおならが臭くなったのは乳酸菌サプリを飲み始めてからのような気がする・・・と思っているようなのです。

(いや・・・乳酸菌サプリを飲んでいようが飲んでなかろうがおならは臭いだろ・・・)

と思ったのですが、いや確かにこれは素朴な疑問です。はたして乳酸菌サプリのせいでおならが臭くなる可能性があるのか調べてみました。

悪玉菌が増えるとおならが臭くなる

そもそもおならが臭い理由は何なのでしょうか?おならの回数が多いという方は無意識のうちに空気を飲みこんでいたり、腸内にガスが発生しやすい食べ物を食べているという傾向が強いようです。

おならは別名腸内ガスと呼ばれるのですが、この腸内ガスには実は大切な役割があって、腸内を刺激してきちんと便を押し出す働きがあるのです。ですから、おならなんか出ない方が良いのに・・・という方もたくさんいるかとは思いますが、おならがでなくなったら実は相当やばいのです。

少し話が反れてしまいましたが、おならというのはひとつは飲みこむ空気で、そしてもうひとつは私達が食べ物を食べて分解される過程で生まれます。

ここで登場するのが腸内細菌です。腸内細菌が食べ物を分解する過程でおならが生まれるということです。

ということは、腸内細菌の量を増やす乳酸菌サプリってめちゃくちゃおならと深いかかわりがあるじゃん・・・と真顔になってきたのですが、ここで疑問が。

例えば赤ちゃん。腸内に善玉菌が優勢ならそもそもおならは臭くなりません。赤ちゃんの腸は善玉菌が多いので、おならどころかうんちだってあまり臭くありませんよね。

おならが臭くなる一番の原因は、悪玉菌によって発生する腸内ガスなんです。実は腸内ガスの99%は無臭なのですが、わずか1%の腸内ガスによってあのニオイが発生してしまうわけです。

もう少し深堀りすると、おならが臭いのは悪玉菌がインドールやスカトールなどの悪臭物質を作るからなんですね。

なぜおならが臭いのか?というのを淡々と説明するとめちゃくちゃ長くなってしまうのでこの辺りにしておいて本題に戻ります。

おならが臭くなる理由は、悪玉菌が増えたから。これがゴールで間違いありません。

つまり、乳酸菌サプリを飲んだことによって逆に悪玉菌が増えるような状態になったとしたら、乳酸菌サプリを飲んでおならが臭くなるというのは十分にあり得そうです。

悪玉菌が増える理由は様々ありますが、ここではあくまでサプリによって悪玉菌が増えそうな理由について推測しようと思います。

可能性として考えられそうなのは、食生活です。簡単に言えばサプリで善玉菌を取った程度では善玉菌優位にはならない程に悪玉菌勢力が強いと考えられます。

悪玉菌が発生しやすいのは、肉類のたんぱく質やアミノ酸をたくさん摂った時と、食物繊維が少ない食事をした時です。

サプリを飲んでいる人の食生活がもともと不摂生で、たまたまおならが臭くなったと感じたのをサプリのせいと思ったのか、もしくはサプリに含まれる糖分が悪さをした可能性も捨てきれません。

結論からして、お腹の中の悪玉菌が減ればおならの臭いもそんなにひどくはならないですから、本来乳酸菌サプリを飲んだら必ずおならが臭くなるというわけではなさそうです。

善玉菌を増やすというゴールは一緒ですから、全てを乳酸菌サプリだけに頼らずに、食生活をはじめとする生活習慣を見直しストレスオフを実現していく必要がありそうです。

ちなみに、乳酸菌だけでなく、サントリーのラクテクトに含まれているようなラクトフェリンでもおならが臭くなると感じた人がいるようです。